Our action

私たちが考えたこと

ウィズコロナの時代の働き方を模索する
Seeking the Right Way to Work
in the Age with COVID-19

オフィスに必ずしも集まる必要はなく、
リモートワークを併用した新しい働き方の時代に突入しました。
しかしチームの中でのコミュニケーションの頻度は落とさず、
そして必要な労働力を保ち、
人々がそれぞれのライフスタイルに合わせた働き方を探します。

We don't necessarily have to gather in the office.
We have entered an era of new ways of working that combine remote work.
Then the frequency of communication within the team has not decreased
while the labor force in need being kept.
People are looking for ways to work that fit their lifestyle.

 

在宅勤務、オフィス勤務、ミーティングの機会。
あらゆる要望に応えたメンバー配置を答えるアプリ登場。

Work from home, office work, and meeting opportunities.
Here's an app that answers the members' assignments
in response to every request.

我々は100名を超えた大きなチームで、
これまでの勤務実績、コミュニケーションの実績を考慮しながら、
外部との接触リスクを減らすために
オフィス勤務と在宅勤務を混ぜたチーム編成を
瞬時に提案するアプリを開発しました。


We developed an app for over 100 people
to suggest teaming a mix of office and remote workers 
to reduce the risk of external contact,
taking into account their previous work
and communication track record.

今日は彼らが出勤して、残りのメンバーは在宅勤務を。
これからの時代は在宅勤務のみならず
リモートワークも駆使したハイブリッドなチーム編成が行われます。
様々な面でチームメンバーのパフォーマンスの向上、
そして安全と安心を考慮に入れた
難しいバランスでの最適化を量子アニーリングを利用して実行します。

Some go to work and the other work from home.
In the future, hybrid teams will be formed
that not only work in office but also work remotely.
Improving the performance of team members
in a variety of ways and pursuing their safety and security.
Optimization in difficult balances
is done using quantum annealing.

これまでの事例とは違うのは、
ただ応用しただけではなく、
その結果を受け取って、
その結果がユーザーが触れるようになっているということです。

What makes this case different from previous ones
is not just an application.
The users can receive the results from quantum annealing.
The users can touch them
on their smartphone and laptop computer.

Our formulation

私たちの試み

今ある課題に今答える

Answering the challenges we have now, now.

量子アニーリングを始め、量子科学技術は今か今かと
その実用化に向けての期待が高まりピークを迎えたところです。
その実用化に向けて研究者たちは日夜努力を続けています。
「その技術はまだ黎明期で実用的ではない」
冷静に判断すればそういう答えが適切です。
しかしその実用化に向けて、どのようなシーンで利用されるべきか
その利用場面を増やし、実際に触れるアプリとして存在する未来を
今にしたらどうなるだろうか。
シグマアイでは「今」「ユーザーが」触れるアプリを開発中です。

その第一弾はこれから変わりゆく時代に合わせた、
こうしたアプリになりそうです。

Starting with quantum annealing,
expectations for the practical application
of quantum science and technology are at their peak.
Researchers are working hard day and night
to make the technology practical.

The technology is still in its infancy, so it's not practical.
That kind of answer is appropriate if we judge it dispassionately.
But in what situations should it be used for its practical application?
What would happen if we increased its use
and made the future of its existence as an actual app to touch now? .
At Sigma-i, we're developing apps that "users" can interact with "now".

The first of these apps is going to be the ones that fit the changing times.

 

これまでの応用からさらに一歩踏み込んで

Taking a step further from the level of "applications"
to "Apps"

これまで量子アニーリングの技術を応用した事例を挙げていきました。
もちろんそれらは潜在的に社会実装を経て、
多くの利用者が現れることを望んでのことです。
ただ時々刻々と状況が変わるいま、世の中が求めているのは
今の解決方法と未来への準備です。
そうしたことを考えて、ただの応用事例から一歩踏み込み、
実際に触れるアプリレベルにまで準備しました。
未来に向けて走り出すのは今だから。

So far, we have listed examples of applications
of quantum annealing techniques.
Of course, they could potentially go through social implementation.
This is in the hope that more users will show up.
However, the situation is changing from moment to moment,
and what the world needs is also changing.
It's a solution for now and preparation for the future.
We took it one step further from just an application case study
and prepared it to a hands-on application level.
It's now that we're running for the future.